⑦リフォーム(運輸支局長認定車体整備工場認定、車体整備士国家資格、各種整備資格、各種技術認定等)

⑦.png
【愛車を大切に長く乗るリフォームは技術力のくまばんまで】
【壊れる前の状態に戻す】
【新しい状態に好みで作り変える(リメイクもいっしょに)】
 修理が完成した愛車を見るとき、お客様は通常塗装した表面しか見る事ができません。
 性能と安全と耐久性と愛車の価値ができるだけ落ちないようにするために大切なのは、お客様に見えている塗装ではないのです。
 その隠れた最も重要な性能と安全性と耐久性は、お店によって技術力格差が大きく、一時的にパテ整形してしまって性能と耐久性と愛車の価値を落としてしまうか、見えない部分を現実的に普通の真面目な作業をするか、どちらにしても塗装で隠れてしまいます。
 その部分を正直に説明したり、事前に明確にするお店は、無いといっても良いと思います。
 なのでお客様は値段だけで決めて、目に見える塗装面だけで判断する方も少なくないので、安いお店が人気と需要があり、そういうお店の方がコストがかかっていない分儲けも大きいという事になります。
 それが今の弘前の修理だといえます。
 本物がどんどん廃業していく中で、この本物の技術と安全に対する知識と設備を弘前が必要とするかどうかは分かりません。
 ただ品質を落とさずにお客様を騙さない姿勢を評価して頂き、弊社を60年もの間、この地域で仕事をさせていただきました。
 ですから、安易に品質を落として値下げしながら利益確保する市場に負けず、そういった方々も本物を必要とする時に技術を提供できるように、頑張って行こうと日々自分と戦っています。
 形だけ似た安物の中国製と戦っているような毎日です。

【壊れる前の状態に戻す】

 弘前においては、お客様の要望に対して戻せる技術力は絶滅寸前だと思います。
 保険会社の要望に対して安く治す、鈑金塗装とは違う技術力がほとんどに成ってしまいました。
 これから、【測る】「修正する】【溶接する】を写真でお見せしますが、他のお店はやっていないと思いますので、やっているかどうかは、他のお店から見せて頂いてください。
 
(1)《測る》
工賃10万円を超える事故の場合は、狂っている可能性が高いので、無償でホイールアライメント測定をしています。
押売りはしませんのでご安心ください。
最大限の事ができる事が、今後もお客様の安全のためには、代金の事よりも重要だと考えます。
使用マシンは青森県に1台のTOUCH【検索
もちろん他県では重要度が増し外注も増えております通り、外注も受け付けておりますので、受注事業者様は「狂っているかいないか」明確にしたい場合には、是非ご活用ください。
全国的にもこの測定マシンを使いこなしていると評価される、車体整備士国家資格者が測定オペレータです。
4.png
TOUCH.jpgIMGP6576.JPG
★測定する高谷と、山梨から習いに来た今井君

《測定結果は、図で見える化されていますので、お客様も理解しやすくなっております》
3.pngIMGP6618.JPG
★ホイールアライメントはもちろん、フレームを3次元測定できます。
★PRICE★(税別)
●ホイールアライメント
Aプラン ホイールアライメント フロア測定《狂ってるか知りたい場合》 6800円
Bプラン ホイールアライメント調整が予想される場合測定 リフト計測 16200円 
●ボディアライメント(フレームアライメント)
Cプラン 8点 《車全体で見て狂っているかどうか知りたい時(途中でフル計測に変更可能》  12800円
Dプラン 9点以上20点まで 《修正方向をある程度知りたい時(途中でフル計測に変更可能》  24800円
Eプラン フル計測 《4輪ホイールアライメント業者さんが必要とする時》  36800円

《診察 測定結果を見ながら構造と部品を確認します》
IMGP6606.JPG

(2)《修正する》
CIMG0989.JPG
★本当はジグ式修正機が欲しいのですが、弘前の需要状況は他県と大きく違い修理代が大幅に安いので、技術力でカバーしています。
ただ、この修正機も安物ではなく、コーレック(アメリカ製)の最上級モデルで、引き方向の判断力と技術力が伴えば、プロですからジグ式が無くても問題ありません。
最近は固定が困難な車両も多く、本当は導入した方が良い。ただし1000万かかりますので、お客様が安全の求めていただき、適切な価格で買って頂けるようにならなければ、元請の代わりに導入する事は難しいと思います。写真は認証工場スペースで、エンジンを降ろしての作業です。
★《その他》
IMGP0359.JPGIMGP0409.JPGIMGP0437.JPG
★計測の結果と狂っていない新品部品の基準をもとに、左右や高さなどの細かい隙間を調整するtめの確認が必要なので、借り合わせ用の分解作業で、保険金は出ませんので弊社のサービス作業と成っています。
3日位かけるから、弊社ではチリ合わせクレームがクレーマー以外からないんですが、アジャスター提示のフレーム修正代金は、全く無根拠に3万円程度とは安いと思いませんか?
お店が損をしない限り、チリが合っていなくて当たり前になりますね。
価格買い叩きは、品質低下します。
品質に対する価格が大切です。

IMGP0417.JPGIMGP0436.JPGIMGP0497.JPG
★ここまで借り合わせして、フレーム修正の方向性を決めます。
決まったら、もう一度分解です。
丁寧なフレーム修正は弊社の伝統です。
その後みなさん快適に事故を忘れて愛車を乗っています。
※このエアバック交換までした車両修理から6年、この車両は今でもピカピカで現役です。

(3)《溶接する》
IMG_2114.JPG
★途中で調整を変えてMIG溶接するグレードの高い講習結果です。
結局見た目が一番きれいなのが、平均していて強度も一番強いです。
一番右が、弊社高谷がホンダ技研に「完璧」と言われた溶接です。
弘前からは弊社1社だけ参加。
溶接機は下の写真の世界最高峰イタリア製のものです。
フェラーリやポルシェもこれが指定溶接機です。
MIG20602.jpg

25ez0001.jpg
★「パーーーン」と溶接するのが、このスポット溶接機。
動画公開しますのでしばらくお待ちください。
★豆知識
ほとんどの弘前の工場は、「パーーン!」ですが、実際はトヨタの豊田社長が問題視した「溶接が分かってない人が溶接をしている」とした通、「パーン!」と成る溶接が正しい訳ではありません。
パーンと散ったのは鉄ですから、散らない方が溶けた鉄が多く残って丈夫に溶接できます。
これは事故にあった時に、人命上の差が出ます。
新車製造時に「パーン」となるのには訳があり、パーンとなってもいいような溶けた鉄の量が確保できる部品に成っていて、オペレーターが自動機械で溶接するため、溶接機が壊れていないか確認するtめに「パーン」とさせているとされています。

E6ABBBE5BAAD1.jpg
★こちらはMIG溶接。
マフラーなども、高品位な溶接なら、その場しのぎではなく鉄を足しながら維持できますよ。
採算度外視ですが、案外お客様が多いです。

(4)鉄の変形を治す(鈑金)※パテで隠してしまうのではありません。
画像以外のその他は全部は掲載していませんが、【事例】をご覧ください。

★お任せの危険性1
(1)鈑金できないお店が、「お客様が明確に発注して契約していない」ので、やった事にしてパテで隠した例。
契約と発注が不明確なので、クレーム付けても通用しません。
そもそもできない人にお任せするからこうなりますので、工場資格と車体整備士国家資格は最低限確認してください。
罰則がないとうのは、そういう事です。医療でいえば、事情通が手術するのと同じです。
※弊社は契約書を発行しています。

9d0c9390.jpg1b5190e8-s.jpg4fe06c5d-s.jpg8124c648-s.jpg10436309_685298864921370_5087688329537710799_n.jpg

★(2)お任せの危険性2
「錆びてきたので治してください」を価格だけで選んだ例 弊社と2割程度しか変わらない修理代で、一時的修理を買ってしまいました。泣き寝入りです。 納品した時は、当然塗装はされていますので、問題なく納品を受けています。 しかし自動事故に関する事は、何でこんなに泣き寝入りが多いんでしょうか?

14712542_558328594373301_1409866008162818487_o.jpg14212749_541839089355585_8576889611957524765_n.jpg
あれれリベット?と、お客様を呼んで開けるかどか見て頂き、開ける事にしました。
インナーパネルに打ちつけており、インナーパネルも鉄が無くなっていました。契約よりも割増です。
14317424_541839096022251_5398004288914129648_n.jpg14316929_541839109355583_6376385819432460812_n.jpg
アウターパネルをお客様の許可をとって出来るだけ切開して取り除き、弊社オリジナルの錆対処を中心に、錆のアノード抑制、不活性化、防錆を行いました。
防錆後の写真は反対側ですみません。
14238285_541839112688916_5792109337121073176_n.jpg
鉄板で欠損部分を作成しMIG溶接。インナーパネルは交換する訳にいきませんので、これで錆が止まっている事を祈ります。
鉄を溶接してキレイにし、そこから本来の鈑金作業です。お任せでは契約できませんよね。

その他事例
《事例1》
a16.jpga17.jpg
★今ならもっと上手ですね。普通やりません・・・

《事例2》
13445236_510659045806923_6305057701784382881_n.jpg13450249_510658529140308_6364810568524270427_n.jpg
12747404_472716556267839_1070994496816756937_o.jpg12772002_472716612934500_6982681043094650762_o.jpg
★普通はやりません。でもyらなければならない時には、ここまでできます。
理由は「愛車を手放したくない」というお客様の想い、「何とかしてあげたい」という我々の熱意です。
もちろん、赤字大特価です。
部品が供給停止で中古部品も無いなら、仕方が無いですよね。
損をしない品質までを説明し、その額でやります。​

《事例3》
14682071_557803111092516_8636161654224392338_o.jpg14712628_557803114425849_5395786644023176910_o.jpg
14568070_304900713230191_8394043008343116522_n.jpg
★「保険使いたくない」からの御相談で、保険金知るための手続きをする事なく、契約できたものです。
実は、バンパーだけの塗装ではないので、大きな部品一つも買わずに自費で修理して大喜びして頂きました。
そうです。バンパーも治しましたよ。高級な柔軟剤入りの塗装で。
治せる弊社に来たからこその選択なのかもしれません。
「くまばんさんに行きたいけど、付き合いがあって・・・」などと心から悩んでいる方、付き合いで何十万捨てますか?
簡単な事です。
「くまばんに紹介してください。」これでOK
★豆知識
普通車の後ろのナンバープレート。封印ついてますよね?
これを不正に再利用するのは法律違反です。罰則は知りませんが再使用する方法はありますし、弊社にも何故か技術はあります。
私がこの業界に来て、アジャスターにおススメされましたが断り、弊社では損をしない程度の費用は負担して頂きますが、法律違反に成らないように交換しています。
不正再使用は、修理痕として愛車に残る事にもなります。
残念ながら、何年たっても、某所の封印再発行キャビネットには弊社のファイルのみです。
11988732_425919144280914_6373463078209523621_n.jpg11988410_425884897617672_9111383513070079643_n.jpg
いかんね。これ。

《事例4》
13466294_998685860249334_2403082404007536057_n.jpgCIMG2550.JPG
ダイハツさんゴメンなさい。
ボンネットは超高張力鋼鈑。
フロントフェンダーは樹脂(プラチック)。
修理ではなく、色つき部品と交換する仕様。

今は部品が安いからいいのですが、部品が高くなったら困るのはお客様。
技術力が落ちている事に問題があるのは、トヨタの豊田社長が言うメーカーの問題だけに限らず、その下層で技術力を支える修理工場側の方が顕著です。
なので、弊社が弘前に必要とされて生き残るのかどうかは分かりませんが、弘前市の発表によれば20年後?事業者数が10分の1と言われておりますので、何とかそうならないように、弊社は販売力ではなく、お客様に選ばれる力を磨き、弊社の従業員も、力で買わせられる事なく、お客様として皆様を選ぶ力を持つように頑張っております。
その一貫として、これら治してしまいました。
超高張力鋼鈑は鈑金不可能といわれており、熱をかければ柔らかくて薄い鉄になるので、鈑金ができない人が受注した方が、見た目治っちゃったと言う事はあるかもしれませんが、問題は安全に関わる強度です。
弊社では熱をかけずに修正する事を成功しております。

《事例5》
CIMG2168.JPGCIMG2167.JPGCIMG2169.JPG
★これは、普通交換です。
鈑金できる技術力がある工場は、日本でも一桁数社だと思います。
できるとやるは違いますし、最良の方法を選択して修理契約するのがお客様のためです。
損害賠償でしたが、賠償金の事はわかりませんが、保険金としては交換の方が高額だった気がします。
ただ弊社の保険金ではありませんので、お金の話を主役にすると、責任のある修理内容診断に影響しますから、額だけ聞いて損害調査員に対しては好き勝手に言った気がしますw
この場合、本当の後の部分はご覧の通り複雑な形状に成っていますし、車へのダメージも少ない設計なので交換。
リアフェンダーは溶接されている部分で取り外して溶接すると愛車が痛いので、鈑金する事にしたら、損害調査員が驚いていました。
CIMG2435.JPGCIMG2433.JPGCIMG2434.JPG
★お客様は、弊社だからこそ、車両価値を修理店の売上のために勝手に落とされる事がなく、鈑金する事を選択できました。
普通は勝手に交換か、いわゆる全損で廃車ですね。

IMGP0011.JPGCIMG0564.JPG
★ですから、これくらいも弊社では交換は少ないです。交換よりも安く、車両価値は残して。
新品に交換したところで、何もメリットはないかと思います。
溶接をはがしたら中が錆びていて、溶接できなくなったので追加料金なんてこともありません。
※交換よりも高く成ってしまう事もありますが、それでも鈑金を選択して頂ける方もいます。
その場合、付随の作業が変わりますのでお安くなる場合がほとんどです。

【新しい状態に好みで作り変える(リメイクもいっしょに)】

(1)行き過ぎ
12669811_220822264926912_14377780_o.jpg13006648_964631256988128_5355682358411291645_n.jpg13010881_964632373654683_8496935751541013109_n.jpgIMGP6503.JPG
★ご存じかと思いますが、全部結構古い車です。イメージチェンジもしてしまいました。

(2)真面目一筋人を騙さなかった旦那様の形見
13669045_518255501713944_5366765241809824282_n.jpg
13627100_518255495047278_2604496014112323712_n.jpg
pj.png

イメージチェンジの御相談は一戸まで
15272090_1144366279014624_1225659538378044387_o.jpg

数ある破損車両修理事業者の中で、弊社HPをご覧いただきありがとうございます