wad.png

【自分でやるのが理想です】
本当のところ。
商品名を言ってしまいますと「レインX」など、ノンシリコン系の撥水剤をご自分でこまめに施工するのがベストだと思います。
ただノンシリコン系は、撥水力や耐久性がシリコン系に比べて明らかに落ちます。
一般的なカテゴリとしては、これとは別に「シリコン系」「フッ素系」と呼ばれます。
私共、愛車をキレイにする事を生業とします者としては、シリコンかシリコンを使っていないかが大きな判断材料になりますので、その部分でカテゴリ分けしました。
シリコンゴムをガラス表面に付着させて、その幕を利用して撥水させるのがシリコン系ですから、当然シリコンゴムがガラス表面に残って行き、更に再施工で積み重なっていきます。
ワイパーなどで細かい傷がゴム表面についても、重ね塗りする事でどんどん濁りが増します。
ウオッシャータンクに入れるタイプでも、タンク内に劣化したゴムが浮遊し、ウオッシャー液の詰まりになる場合があります。
「ワイパー動かしたら目の目が真っ白!」という、おっかない経験をした方も多いのではないでしょうか?
これを「油膜」であると言い訳している業者もあります。

これを改善するには、シリコンゴムを削り取る以外になく、最近はどこで聞いたかボディーワックス代わりに塗膜に塗っている方も少数派ですがいらっしゃいます。
その時の撥水という一点でみると、確かにそれは撥水しています。
しかし、塗膜が濁っている事は当然で、私共からみると「取り返しのつかない事をしてしまったかもしれないな」と思う事も御座います。
お気づきのように、塗装をしたりコーティングするためには、これらを取り除く必要がありますので、硬度5H程度のフロントガラスならまだしも、塗膜にやってしまうと細かいスクラッチなどにも入り込み、完全に取り除くという事が保証できない状況に成る場合が多いと思います。
塗装は「化学」、塗料は下地に含まれる様々な要因に影響を受け、最悪ミミズバレのように剥がれてきたりといった、化学反応と戦っています。
正常ではない物質が存在すると、正常な塗装はできません。

ここまで、散々シリコン系を否定しているように見えるかもしれませんが、例えばワイパーの無いサイドガラスなどは、シリコン系でガッチリ撥水加工をしたらいいと思います。
要は、適材適所。
本来プロがそういった事を知識と経験で選択するところ、最近は「プロ」という言葉が販売側の自称に成っている者が多く、プロという言葉に客観的な裏付けがない「プロの大安売り」状態に世の中がなっておりますので、本当の意味でのプロというものは、ほおんど絶滅し、プロ風の商品が増えていると考えます。

「誰でもできる撥水剤」を業者にしか流通させなければ、プロの商品に見えます。
「施工が難しい技術力が必要な撥水剤」は、そもそも技術力がある人しか買いません。
プロでも一般の方でも、その中でも技術力がる方が使わないと、驚くほど全く効果が出ないグレードが高い作業です(笑)

ですから普及していないだけで、世の中には「価格安く」「シリコンゴム対策されていて」「施工が困難で」「耐久性がそれなりに良い」撥水剤が存在します。

「施工が難しいから普及しない」
ここポイントです。
すると、販売が上手いメーカーは、施工が簡単な物を造って、業者だけに売ります。
業販ものと市販モノを少しだけ変えて、業販物を高く売ります。
簡単という事は、それなりに何かしら犠牲に成っているという事になります。
そうじゃなければ、施工が難しいものも世の中から消えているはずで、その高い品質でなければ成らないユーザーがいるから、少数派でもイイ物が生き残っているといえるでしょう。
「施工が難しいから少数派」
ここポイントです。
 

【対価を頂いて施工する条件】
くまばんが悩みに悩み選ぶに選んだのは、やはり老舗の材料でした。
お客様の代わりに市販品のレインXを施工する訳にはいかな(笑)
その時最高の結果が出た方が売り逃げできて儲けるからといって・・・・
将来のリスクに嘘をつかない。
レインXよりも良いと言ってもらえる必要がある(笑)
工賃がかかる分、施工頻度は半年に一回程度が理想
弊社で取り扱うのは、「バス」などを加工している、工場が撥水に使用されている材料です。
​そういった工場は、一般乗用車など相手にしていられないのが本音。
私たちも、お客様がご自身で施工するのが一番お客様のためだと思っていた。
これで、撥水加工依頼して対価を払った甲斐があったなと思って頂けそうなクオリティーの撥水ガラス加工が提供できるようになりました。
写真にある通り「どろどろっ」と水が流れる印象です。

【施工内容】
施工時にある程度油膜が取れますので、簡単なガラス磨き後に撥水加工します。
すでに強固なシリコンゴムや油膜を落としたいと言う方は、別途3,000円~、オプションでお引き受けいたします。

【施工時間】
施工時間は1時間程度となりますが、定着のため4時間程度お預かりください。
 

【価格】
①軽自動車クラス(フロントガラス・リアガラス)
各3,000円(税別)
★セットで5,000円(税別)

②5ナンバークラス
(フロントガラス・リアガラス)
各3,500円
★セットで6,000円

③3ナンバークラス(フロントガラス・リアガラス)
各4,000円
★セットで7,000円

④全車種サイドガラス
その都度ドンブリ勘定交渉価格

⑤ミラー
①~④ご注文でサービス施工

★新発売キャンペーン
①PROビームジョーカー施工ご注文車には、フロントガラスサービス施工

数ある破損車両修理事業者の中で、弊社HPをご覧いただきありがとうございます