そもそも、何故鈑金塗装はあるの?

 

自動車の外装を新しく作る時

鉄を錆や腐食しないように処理して使います。

それを気候環境から守るために、塗装をします。

ついでに、塗装は美しいので、更に美しくして、可愛かったり、カッコよかったり、頼もしかったりする外観に仕上げて、愛車を楽しめるようにします。

のび太君は、毎日同じデザインの服を着ています。

だからこそ、いつも綺麗にしていますよね。

だから、そんな価値のある塗装を守るために、更にコーティングをします。

皆さんの愛車は、そんなのび太君の洋服と同じ、毎日身にまとうものなのです。

これが新車ですね。

 

逆から守られているものを書くと
 

三層目(表面):価値のある塗装を守るコーティング

二層目:鉄を錆や腐食から守る塗装(ついでに価値のある塗装へ)

一層目:土台の鉄 

 

丁度このように、土台の鉄を守っています。

 

では、残念ながらそれを破損させてしまった時どうすれば良いか。

ですからまた逆から考えれば

コーティングをするか否かは、守るべき塗装に価値があるか否かを考えれば良い。

塗装をどうするかは、鉄を守ればいいのか、価値のある塗装にするのかを考えて、品質で選べば良い。

鈑金をするか、パテ整形するか否かは、そもそも鉄を守るという事を無視するか、鉄を守るかを考えて、パテ金と鈑金を選べば良い。

そもそも、鉄を守らずに、適当に塗装をして、コーティングする。

これが最も本末転倒の、お客様にとって良い物を売るのではなく、売れる物を売り、お客様もまたそれを買うという事に成るという事です。

鉄を治すか、鉄を治さずに錆と腐食リスクを残したまま、今だけパッと見綺麗にするか。

お客様が判断します。

 

したがって、そもそも鈑金塗装とは、美観を回復するためではなく、耐久性と機能を回復する事を主とするものなのです。

パテ金
4fe06c5d-s.jpg1b5190e8-s.jpg




鈑金
IMGP5632.JPGIMGP5675.JPGIMGP5783.JPG
a16.jpga17.jpgod1.jpgod5.jpg
 

これは私が求めていた品質じゃない・・・
やはり、商用車でのないし、愛車はちゃんと仕上げて欲しい・・・・
そう思った方は → 本来の鈑金塗装

数ある破損車両修理事業者の中で、弊社HPをご覧いただきありがとうございます