IMGP3856.png

「おおげさじゃなく、手軽に高品質防錆JLMアンダーコート

  • 新車、融雪剤散布地域以外から出た中古車向けです。
  • 【お勧めの背景】
     最近沿岸部だけではなく、内陸部の融雪剤による錆が激増しており、隠すだけの修理をした方の再発相談が激増しています。
     その方法は隠すだけなので、当然再発を繰り返し隠す前よりも必ず悪化して発覚します。
     錆びてしまえば、それはできるだけシッカリ対処しなければ、ガンと同じで再発を繰り返したり、即再発したりします。
     そうなる前の予防に、弊社ではJLMアンダーコートをおススメしています。
  • 【クオリティー】 
     ヨーロッパ自動車メーカーM社、B社の新車製造工程に採用さえている防錆剤で「エンジンが壊れる頃までは密着しているように」というオーダーで作られているものです。
    そういえば錆びたM社やB社は見た事が無いという方は多いと思います。
    アフタービジネス用商品ではありませんので、そもそも保証と言う考えが無い分、ビジネスとして稼げる事を考慮しておらず、むしろ早く施工できてクオリティーが高い設計となっており、ロイヤリティーなどもないので、その分クオリティーに対してお安く提供できます。 弊社で業販もできますので、施工店も同時募集しております。 施工方法など技術サポートいたします。
  • 【価格】
     アフタービジネス用商品ではありませんので、そもそも保証と言う考えが無い分、ビジネスとして稼げる事を考慮しておらず、むしろ早く施工できてクオリティーが高い設計となっており、ロイヤリティーなどもないので、その分クオリティーに対してお安く提供できます。
     銘柄指定の無いお客様の紹介やリピート施工も増えています。 弊社で業販もできますので、施工店も同時募集しております。 施工方法など技術サポートいたします。
錆びた物を塗装により外見上整えても、すぐに塗装が剥がれます。
塗装をしても錆の進行は止められません。

錆に付ける薬はありますが、錆びなくなる事はありません。
お薬は割とすぐに効果が無くなりますし、隠すパテはその水分で錆を進行させます。
錆はがん細胞と一緒。
再発が嫌ならば、お薬ではなく外科手術しかありません。


弊社では今まで技術でカバーし、ルーペで錆の点を針で取り除くところまでやる事を推奨してきました。
何故なら、実質数か月しか持たない、塗装で錆を隠す作業代金のほとんどは、塗装代金なので、何度も繰り返し塗装で隠すのは、お客様にとって経済的負担が今後継続する事に成るからです。
塗装も安いものではありません。
2回隠す塗装代金と、1回で鉄を錆処理して塗装する代金は、ほぼ同等ですから、3回錆隠しをしたと思えば、シッカリ錆を修理した方が、お客様にとってもお得です。

錆ない鉄はありません。
錆たものを治して、元の錆びた状態に戻るまでに、どれくらいの歳月を費やすかが違います。

P6030200.jpg

嘘ではなく知人が撮影してきた写真です。
それほど型が古い車でもないのですが、鉄は錆びて自然に返っていきます。
錆びて来ないのが普通ではなく、何もしない、ちゃんとしないと錆びていくものなのですね~
某島で放置された車
12644773_916161798501741_1612942849382185719_n.jpg

弊社の錆修理
弊社では、パテで整形して塗装で隠す一般的に行われている錆修理については、創業時から行っておりません。
お客様は「安く錆が治った」と納車された時には、皆さん大喜びしている事は、SMSなどを拝見していると良く分かります。

その後割と早く錆が再発して困っている事もSMSなどで良く存じ上げています・・・・

そこでお客様が考えるのが、SMSではなく弊社に来ての相談なのだと感じる事があります。
「前に他でやってもらったところが錆びてきた・・・」という御相談です。

その時、弊社は弊社なりのクオリティーと弊社なりの価格をお客様にお知らせしますが、良く言われるのが「再発した修理をした時の修理代」です。
それほど強くは言われませんが、その価格と良く競争させられます。
例えば弊社で5万円かかると提示したクオリティーの価格に対して、「再発した修理方法」は1万円でやってくれたから、1万円でやれないの?
という極端にいえばこういう事です。
少し位は高くてもいいという相場観を持ってしまっているのですね。
これは安物を売る人の罪だと思います。

何故それほど価格差が出るかと言えば、錆は塗装が錆びているのではなく、鉄が錆びていますので、パテと塗装で隠すなら塗装代金だけ1万円で良い訳ですね。
お客様は「錆」を治しに来ているのですから、塗装を治しても仕方がないと弊社は思う訳です。

その鉄を治して現在の技術によって最大限錆の再発が無いように鉄を処理していく金額が、5万円と1万円の差額なのです。
弊社に言わせれば、パテは技術料を受け取るような価値のあるものではなく、せいぜい数百円のパテ代をもらえば良いので、塗装代金だけで良いと成る訳です。
一つ覚えて置いて欲しいのは、ここでいう錆の発生個所が、下廻りに近い塗装や歪みが目立ちにくい部分だという事です。
ボンネットなどの扱いは、また別のクオリティーを必要とします。

45・3.jpg
まだまだ途上ですが、弊社では独自の工法と材料をこのように様々な施工パターンでどうなるかを海水により実験しており、その時判明している最良の防錆をお客様の車に提供しております。


錆を塗装だけで隠して、1年後に再発。
1年我慢して再発なので2倍位の価格で再修理。
1年後に再発・・・
1年我慢して3倍くらいの価格で再修理。

結果先ほどの例でいくと4年で6万円。
うち2年は錆びた状態。
 

この錆びた状態の長さの違いが、弊社のお得感です。
錆びない鉄はありません。
最後には必ず朽ち果てます。
再発しないとも言いません。
錆びていない期間、気持ちよく愛車を乗る期間が長ほど、お客様の愛車との人生も輝くのではないでしょうか?
お財布にも優しいと思います。

防錆はJLMアンダーコート



施工店情報
弘前 くまばん
八戸 カーショップ日向
施工店の許可が取れ次第、続々情報をお届けします

数ある破損車両修理事業者の中で、弊社HPをご覧いただきありがとうございます