常に出し続けるアイディアとそれを可能にする設備
main_image_4.jpg




品質鈑金設備

鈑金の値段が何となく理解できる鈑金をするための道具
IMGP6111__midium.jpg
職人:技術伝承費用2000万円

MIG20602.jpg
MIG溶接機:100万円
都度材料数千円

25ez0001.jpg
スポット溶接機:300万
都度電気代結構かかる

PC210022.JPG
フレーム修正機:1000万

IMGP6385.JPG
職人の手元工具:100万位?

IMGP6386.JPG
ハンダ引出の時使う工具:10万円

IMGP6387.JPG
昔からの色々:100万位?

IMGP6388.JPG
リフト:100万円

IMGP6380.JPG
鈑金できるように秘密兵器:40万円

TOUCH.jpg
ボディー計測機:300万円

お客様の愛車を鈑金するために必要なのは
3750万円ですw


僕もビックリしました・・・・

鈑金塗装が高いのではなくて、自動車メーカーが保証する修理をするための設備が高いというのはお分かりいただけたでしょうか?
何のための設備かと申しますと、お客様の求めている、分からないように綺麗にとか、そういう事ではなく、国交省としての「安全」のためです。

弊社では、修理1台あたり1000円、工具使用料を頂いておりますが、1000円だと、弊社で年間600台規模の工場ですから・・・・
37,500,000÷1000÷600=62.5年・・・・

この経費回収に62.5年必要な事にw
基本料3000円にしてもらって良いですか?

​このクオリティーに対する対価が今のままでは、次の設備投資は不可能です・・・
こういった設備が無い、安全を担保できない工場が、お客様の希望「分からないように綺麗に」だけを重視して、安全を軽視し、形だけ修理し、値段は正式な設備の有る工場を目安に、2割から3割程度安く受注したら、そらぁ儲けますよね・・・・
しかも、安全に対する知識も経験も設備もないから、お客様がプロだと思って任せても、「もし事故っても、お客様が選んで外観修理だけ依頼したのだから修理工場として責任は負いませんよ」という実はこんな暗黙の了解で終わっていませんか?
お客様も綺麗になったら聞きませんよね?「ところでこの修理結果は安全ですか?」って。
 

品質塗装設備

IMGP1200.jpg
塗装職人技術伝承費用:3600万円

IMGP0368.JPG
塗装ブース:イニシャル1000万円
ランニング:年100万円程度?

IMGP6391.JPG
塗料:200万在庫
「塗料注文してから修理着工でいよ」というお客様はいませんので、これを在庫しています。
固まったら廃棄です。
メーカー配合でカラーコード通りに一度配合し、それをお客様の愛車に合わせて調色します。

IMGP6395.JPG
スプレーガンとか:100万円程度?

IMGP6390.JPG
その他色んな消耗品:30万円程度在庫

という訳で、これは精神衛生上計算すると体に悪いので、しませんが
根本的に、鈑金塗装とパテ金クイックリペアは別物という事が、お分かり頂けましたでしょうか?
この設備と材料が無いと、愛車をちゃんと綺麗にしたいお客様の要望を満たす事ができません。

この設備と材料と、パテ金クイックの値段を比較されても、悲しくなるだけです・・・

その他、弊社のコンプライアンスにより、従業員には年間50万円程度の経費をかけて
作業環境測定、健康診断などを決められた回数行っております。

 

アイディア


くまばんでは、お客様のため、従業員のため、会社のため、社会のために、様々なアイディアを生み出しています。

1・お客様のための、不要な物を値引するシステムや、品質を選択頂ける仕組みなど、独自開発して全国の同業者にも提供しております。
更に、タイヤハウスに雪が固まって大変な方々に、対策品を独自開発し、弊社車両で実験中です。(成功中)
また中古部品も地域では独自ルートから納入する事で、塩害などを気にせず、質の良い中古部品を安価に確保できております。
修理内容によって、中古部品を使ったお得なアイディアが、今までも数々生み出されております。

2・従業員や社会のために、廃棄ダクトから揮発性のある溶剤が放出されないように、独自開発のフィルターを導入しています。(現在β版)
通常数十メートル進まないと乾燥しない溶剤を弊社では30センチ進んだだけで粉状に乾燥する事に成功しています。
木製、紙製、金属製、いろいろあります。

などなど、是非ご来店ください♪

数ある破損車両修理事業者の中で、弊社HPをご覧いただきありがとうございます