②REPAIA(運輸局認定車体整備士2種工場・車体整備士国家資格者)

②.png
 一時的修理と違うのは、安全に関わる性能や耐久性を優先に、お客様の基準で美観の妥協をする事です。
 将来的に塗装をやりなおそうかなと思った時でも、できるだけローコストにできるように最低限レベルの塗装をします。
 弊社のクマックリペアの場合は、追加作業として、続きの修理ができたり、何かしらの違うリカバリーができたりする場合もあります。
 お客様に説明して相談すると、今までリペイントしか選択肢が無かったお客様にも、「錆びない」「安全に問題がない」「見えない部分の耐久性が良い」こんな注文を頂く事が多いです。
 したがって、将来を考えてできるだけボカシは広く塗りません。
 一時的にキレイに塗装しても、錆びたりしたら、もう一度高い再塗装です。

こういう方にはメリットがあります。

★(1)錆や安全面で安心できて、1m~3m位でバッとみてOKなら大満足のクマックリペア

★(2)少し歪みが残っても良い。塗装をかけたくない。津軽唯一の無塗装デントリペア。

★(3)バンパーなど消耗品扱いと割り切れる方で、いつかシッカリ処置するつもりで、ちゃんと治すまで美観を保ちながらも妥協できる。
 ※錆びない部品はお客様ニーズに合わせて、どうなるかをある程度説明した上で選択してもらって行っています。(クマックリペア大好評)

デメリット
(1)既定距離より近付くと、荒が見えます。
※ごく稀に価格以上の品質を求めるお客様もいらっしゃいますが、一般的には「ぜんぜんいい」と言われます。

弊社では★マークを「クマックリペア」として行っています。

【基本品質】
経年により気に成らなくなる程度の荒で、実は新車からその荒はありますが、お客様が性善説で信じているだけですから、実はこのコンセプトの塗装が、新車同様レベルだったりします。
(1)「国家資格者がクマックリペアをします。キズヘコミはもちろんですが、損傷状況などから足回りや波及など考えながら作業しますから、大事故につながるような問題をアドバイスする事ができます。」押し付けはしません。
(2)「鉄を治す事は、シッカリした修理と耐久性は変わりません」パテの厚さにより性能(磁力への反応等)が少し落ちます」
(3)「塗装の耐久性もシッカリした修理と変わりません」

★マークに関しては、以下の品質です。
お客様が、日常生活で修理をした事を忘れられる準備をしています。
(1)元の状態に戻せる以上の期間耐久性と性能を維持する高耐久材料。
(2)クマックリペアでは必要ありませんが、運輸支局長認定車体整備設備、「安全・性能・美観」の回復を判断できる、損傷車両修理のスペシャリスト、車体整備士国家資格、有機溶剤作業環境測定済塗装ブース、塗装技能士1級2級、
(3)3年から5年修業する、昔からの伝統塗装技術

♪♪カーライフに合わせてお選びください。♪♪

 

例えばクマックバンパー

f8a4b718-s.jpg52952f39-s.jpg 大きなヘコミを戻して筆ぬり
5000~9000

一番上は6000円です
2757ccb2-s.jpg
  最少範囲塗装(バンパー内ボカシ)
オススメ19000~42000

経験上、津軽の方は、都会の方よりも求める品質が高いので、都会の料金の範囲では妥協と満足をする事は少ないです。
 

例えばデントリペア

写っている蛍光灯にある歪み
裏からアクセスできれば、写真のように点状の凹みを修正できる場合があります。

基本料金12960(1時間まで)
以後1時間5700円単価でお好きな時間追加作業で追及する事も可能です。
14606533_1084597894991463_2625356876450653135_n.jpg


 

例えばヘッドライトリペア

★まず水垢落としをしてみて・・・・・・・・・・・
t010000292432.jpg CIMG1055.JPGCIMG1056.JPG


★満足できなかったら、最高のものを
 ヘッドライトレンズリフォーマー「PCクリヤー」とは?
業界の常識をくつがえした新技術!

ヘッドライトの黄ばみや傷を、レンズ交換することなく修復させます。

なんと、ヘッドライトの表面を研磨し、そこにPCクリヤーを塗装することでレンズの透明度を回復することが出来るのです。

しかも、施工時間は約45分程度で驚異の輝きと耐久性を実現しました。



ポリカーボネートの性質を利用して、研究開発

ヘッドライトレンズは、ポリカーボネートという素材で作られています。

ポリカーボネートは、透明度が高く、衝撃に強い反面、溶解力の強い溶剤には溶ける、という性質が あります。

オートクリエイターでは、ポリカーボネートのこの性質を利用して、レンズをきれいにすることは出来ないか、と考えました。

何度も試行錯誤を繰り返し、5年間かかってようやく完成したのがPCクリヤーです。


施工例 Example of construction
Before After

なぜヘッドライトの黄ばみや、色あせがおきるのか?

◆そもそも黄ばみとは?

それは、ワックス成分の付着や、太陽の紫外線などが原因でレンズ表面が劣化してしまうためです。

これは経年劣化と言えるものなので、防ぐことが出来きません。

 

◆一度発生した黄ばみは、戻らない!

一度なってしまった「黄ばみ」は、コンパウンドなどで磨いて落としても一時的なもので、数週間から数カ月で再び元に 戻ってしまいます。

完全に黄ばみ・色あせを直すためには、普通はレンズを新品にするか、ヘッドライトレンズリフォーマー(PCクリヤー)しかありません。

数ある破損車両修理事業者の中で、弊社HPをご覧いただきありがとうございます